安田守の徒然日記です。
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2022年08月 次月>>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
PROFILE
SEARCH
POWERED BY
OTHER
 

一般質問登壇時間決定!
いつまでたっても暑いですが、みなさんは体調など崩されていませんでしょうか?
毎週、各地区の運動会に参加させていただいておりますが、本当に夏と変わらないくらい暑い日が続いていますね・・・。本当に秋は来るのでしょうか・・・?
さて、先日のテレビ常任委員会ですが、日本中が総裁選ムード一色のなかでたくさんの人から「見たよ」と言っていただきました。初めての委員会でとても緊張しましたが、それなりに話していたので一安心です。次回からはもう少し良い感じで出演したいと思います。

本日、一般質問に登壇する時間が概ねわかりました。
私は28日の最後から2番目ですから、15時以降の登壇になると思います。
お時間のあります方は是非傍聴にお越し下さい。

| - | 10:24 PM | comments (2) | trackback (0) |
お忙しい所ご参考までに、以下の記事とHP及びブログを紹介させていただきます。  http://d.hatena.ne.jp/qhnjt072/  http://hakumokuren.com


                                

     イギリス人の地下活動のあらましと日本国での押し付けられた「根元」運動



 世界中、各家庭の下学校の下と電磁波施設を敷き拡げ、場合によっては毒食品まで使って、各国の指導者から食品業界まで、恩恵者達で地球上を占めているようであるが、今日本国ではどういうことをもくろんでいるのだろうか。

 百何十年間の運動を透かし見ると、日本国土は他民族的血筋をも抱え込んで、教育、職員採用、事業経営、婚姻、健康、生殖などの面で、差別優遇作戦の十分な実を上げてきたのであるが、この期に及んで無道にも一段とレベルを上げて、集団的な侵入性を打ち出した悪魔劇を果たそうとしているように思われる。そしてそれを止めようとするまともな警察的意志も先輩方にあるように見えない。

 将来考えられる全仕事に比べてあまりに過大過激な入れ替え作戦。どこにそれに見合うような発展が見られると言うのであろう。

 何かの為というよりも、実際は入れ替わった人達が身代りの人生を得て数多く並んでいるだけである。

 日本国を代表する知識人音楽家文筆家スポーツマンのそっくりさん入れ替えを見れば、一範囲を超えた広域からの交代要員探しであることが分かる。養成施設は一箇所ではあるまい。

 相当数の人間が国境を超えて、九州新潟秋田函館等に渡っているとも言われている。今30万人の増強が囁かれている。

 以上の民族の危機的実態を何かの準備というのであれば、近くにも、日本国中の大勢力をバックにした大統領を生むためというのでなければ、嘘を言われていることになる。

 すでに、化学物質を混入させられた味噌などの人気食品や薬品などで、体格、生殖力などに差が見られる日本国であるが、企業から揃えられている実情によって、かえって「関係特殊日本人、外国人」でないと食い逃れできないような国となっているのではないだろうか。引き込み易い状況を用意していたことになろうか。

 日本国は、イギリス組織丸抱えの地下覆面活動で、無益に無法に遊ばれている。

 この大勢力暴力と正しく向かい合えるか、賢く明るくなって身を守りきれるか、どう戦うかが日本人に試されているといえよう。

 

 簡単に、銃設備のある穴に被害者を誘う方法について。

 まじめな親しげな人が、案内人として眼の前にいる。誘い人はいずれ皆犯人。簡単である。口実が何であろうと、数を稼がせるような企画と勢力の背景がある。

 壁の陰や箱の中に射撃手が隠れていて、電磁波で心筋を狙い撃つ仕掛けである。

 壁の方に向かわせようとする。脱衣の棚。見物。狭い通路。奥の部屋。何となく係員と並んで。歩行中。設備に付いて。場合によっては銃口が見えるという。

 主に女性相手に麻酔薬事件。吸盤式注入術や、地下室や個室などで、あるいは入る前の麻酔薬入りの飲食。閉じ込めるガス室もありそうだという。

 生まれ換わったとも知らず、なじみの人に密室で裏切られる例がこの頃多いようである。擬似家族等による室内事件も所々で起きているという。

 地下への誘いは全部、連れ出された人の存否を不明にして生まれ替わらせる作戦であると疑うべきである。



 地球一杯に溢れたこの地下活動も、そろそろ先を見ようとしているのだろうか。人類の無二の歴史も変わった目にあったものである。早く終わってもらいたいものである。
| 千葉治朗 | URL | | 2007/10/29 10:00 PM | kZ93pWqM |

<a href=http://www.seozone.jp/aboutus/sem.html>SEM</a>とは、碧エンジンU喇でのWebサイトL宀をやすためのマ`ケティング返隈であり、碧キ`ワ`ドを宥じて、d龍 v伉を隔ったユ`ザにリ`チできる返粁である。F芙氏にSEM返隈は光I囃の並Iに音辛之のプロモ`ションまでJRされ、SEMは岷俊氏芙の岑兆業、プラントをvわれています。
| SEM | URL | | 2007/12/06 04:50 PM | yY4t9wzM |











http://www.yasuda.be/tb.php/416
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑